ここから本文です

イエス、アラン・ホワイトが北米ツアーの一部を不参加

BARKS 7月22日(金)7時28分配信

イエスのドラマー、アラン・ホワイトが、腰部の手術を受け、しばらくツアーに参加できないことを発表した。

◆イエス画像

ホワイトは「この春のイエスのヨーロッパ・ツアーの半ばから激しい腰痛に苦しめられ、ヨーロッパやアメリカの医師、脊椎専門家らと治療の選択肢について相談してきたのだが、手術をして腰部の傷ついた椎間板を治すしか道はなかった」そうだ。

経過は順調だという。「ちょっとした休養と理学療法により、いい状態に戻り、近いうちイエスのサマー・ツアーに復帰する準備ができるはずだ。バンドとツアーに出たくて仕方ないが、その前に完全に回復している必要もある」

ホワイトが戻るまで、彼の友人Jay Schellen(元ハリケーン)が代わりを務めるという。

イエスの北米サマー・ツアーは7月25日にスタート。9月4日まで続く。ホワイトはこの間のどこかでステージに復帰したいと考えているそうだ。

イエスは11月に来日する。

お大事に。

Ako Suzuki

最終更新:7月22日(金)7時28分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。