ここから本文です

広島が大勝、ドラ1岡田は3勝目 竜・大野は自己ワースト11失点

デイリースポーツ 7月19日(火)20時53分配信

 「広島11-3中日」(19日、マツダスタジアム)

 広島が12安打11得点の猛攻で大勝。後半戦を連勝スタートで、貯金を今季最多の「21」とした。

 チームは9カード連続で負け越しなし。今季、中日相手に本拠地で6連勝。昨季9勝15敗(1分け)と、大きく負け越した相手に、対戦成績を10勝4敗、1分けにした。

 三回、岡田、田中、菊池の3連打から丸の押し出し四球で先制。ルナの右犠飛で2点目を奪うと、続く新井が12号3ラン。主砲は2試合連発で、通算300号に王手をかけた。

 続く四回には無死一、二塁から、田中が右翼に12号3ラン。さらに2死一、二塁では、鈴木が左翼スタンド中段に13号3ランで続いた。この回一挙6点で、四回までに11得点の猛攻。中日の大野に自己ワースト11失点を浴びせ、早々と相手エースをKOした。

 先発の岡田は8回5安打3失点で3勝目。六回、平田に2ランを浴びるなど3失点したが、大量リードにも助けられて白星を手にした。お立ち台で岡田は「ホームランを打たれたが仕事はできたかなと思う。立ち上がりがいい感じで入れた。(完投も)いけます、頑張ります。(広島の夏は)すごい暑いですが、暑さには強い方です。先発ローテの一角を投げさせてもらっているので、(シーズン)最後までしっかり投げきりたいです。1勝1勝を全力でつかめるよう頑張ります」と力強く語った。



 中日は4連敗。先発・大野は4回11安打、自己ワーストの11失点で4敗目(5勝)。

最終更新:7月19日(火)21時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]