ここから本文です

ロッテ・井口が球団史上最年長満塁弾で逆転勝ち 連敗を6でストップ

デイリースポーツ 7月19日(火)21時32分配信

 「西武2-9ロッテ」(19日、西武ドーム)

 ロッテが井口資仁内野手(41)の球団史上最年長満塁本塁打などで逆転勝ち。前半戦から続いていた連敗を6で止めた。

 2点を追う六回、1死満塁の好機で、代わったばかりの大石のストレートを左越えへと運んだ。4号満塁弾でチームを勝利に導いたベテランは、「打線でカバーできて良かった。思い切って振りました。(2ボールからの直球を)狙ってました」と振り返った。

 41歳7カ月での満塁本塁打は、これまでの41歳0カ月のアルトマンを超えて、球団史上最年長満塁本塁打となった。

 西武は五回まで3安打無失点だった先発のポーリーノが六回に崩れ、1死満塁で降板すると、代わった大石が井口に痛恨の一発を浴びた。

最終更新:7月19日(火)21時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]