ここから本文です

橘慶太の筋肉がすごすぎ、驚きの声殺到「肩に何か入ってる?」

デイリースポーツ 7月19日(火)21時33分配信

 3人組ダンス&ボーカルユニット「w-inds.」のボーカル・橘慶太(30)がツイッターに掲載した筋肉写真が反響を呼んでいる。

【写真】橘慶太、写真集で肉体美を…

 慶太は19日、もりもりの筋肉がついた腕を露出したノースリーブ姿の写真をアップ。「肩に何か飼ってたっけな。笑」と自ら筋肉のすごさをツッコみ、「やっぱり10年以上トレーニングしてたから2,3年では落ちない。何事も一緒。続ける事で無意識に脳や体に記憶させる。だから、新しい事を始めて1,2年なんかで諦めちゃ駄目だよ。」と継続することの大切さを訴えた。

 肩に何かをくっつけたような筋肉もりもり写真に、「次の握手会はその筋肉と握手させてください」「すごい逞しい、お筋肉様!!」「絶対肩に何か入ってますよね?すごい…」と驚きの声が続々。

 すごすぎる筋肉に、「幽遊白書の戸愚呂弟みたい」と漫画に登場する、相手の力量に応じて筋肉の量をコントロールする能力を持つ元人間の妖怪『戸愚呂・弟』という声や、台湾のファンからの「The Hulk!??」とアメコミヒーロー、超人ハルクの名前も挙がっていた。

最終更新:7月19日(火)23時2分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。