ここから本文です

【F1】ハミルトン、精神的な強さを実感

ISM 7月19日(火)17時17分配信

 ルイス・ハミルトンは、スペインGPでチームメイトのニコ・ロズベルグと接触事故を起こして以来、精神的に非常に強くなったことを実感している。

 ロズベルグがシーズン序盤に連勝を飾ったため、ハミルトンはチャンピオンシップで最大43ポイント差をつけられたが、ここ5戦で4勝を挙げたことでその差が一気に1ポイントまで縮まった。

 ハミルトンの直近の優勝はホームレースのシルバーストンで、ロズベルグは2位にフィニッシュしたものの、無線のルール違反により3位に降格した。

 「母国の観客の前で優勝するのは素晴らしい気分だよ。今もまだ気持ちが高ぶっているし、このポジティブな感じを次のレースウィークエンドに持ち越すことを期待している」

 「バルセロナでの最悪の事態以来、この強力な精神的姿勢を磨くことができているから、内に秘めた熱気を今、ものすごく感じている」

 「もちろん、他のみんなのようにいい日もあれば悪い日もある。でも、どんな状況でも、いざという時にネガティブなことをポジティブなことに変えることができるんだ」

 「ハンガリーに臨むにあたり、元気でパワフルな気持ちと自信を感じている」

 ハミルトンは、2007年、2009年、2012年、2013年の計4回、ハンガリーGPを制している。

 ハミルトンは「なぜかわからないけれど、自分のスタイルにいつも合うトラックなんだ。信じられないほど素晴らしいサポートも受けているから、トラックに戻るのが待ちきれないよ」

 「もちろん過去数年、ブダペストでは最もスムーズな週末を過ごせていない。でも、ペースがあることはわかっているから、今回はその流れを変えたいね」と語った。(情報提供:GP Update)

最終更新:7月19日(火)17時17分

ISM