ここから本文です

DeNA、筒香が九回勝ち越し弾「思い切り狙った」2本塁打3打点で存在感示す

デイリースポーツ 7月19日(火)21時53分配信

 「ヤクルト8-9DeNA」(19日、神宮球場)

 DeNAは8-8の同点に追い付かれた直後の九回、筒香がこの日2本目となる24号ソロを右中間に運び勝ち越した。

 筒香はヒーローインタビューで「(九回は)一発で試合が決まるので思い切り狙おうと思った。(打った球種は)スライダー。まだ守備が残っていたので、あとは康晃(山崎)頼んだぞと思った」などと語った。

 DeNAは二回1死満塁から桑原の左中間適時二塁打で2点を先制。続くエリアンの中前2点適時打でこの回4点を奪った。三回は筒香が右越え23号ソロで1点。四回は2死から梶谷の右中間二塁打と筒香の左越え適時三塁打で1点。6-4の六回はエリアンの左越え3号2ランで2点を追加。先発・ペトリックは4回2/3、4安打4失点。

 ヤクルトは0-6の五回1死二、三塁から大引の2点適時二塁打と2死後のバレンティンの左中間17号2ランで4点。4-8の七回は2死一、二塁からバレンティンの右線適時二塁打で2点。八回は無死二、三塁から代打・上田の右中間適時三塁打で同点に追い付いた。先発・杉浦が3回7安打5失点。

最終更新:7月19日(火)23時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。