ここから本文です

広島・岡田が3勝目 自己最長タイの8回を5安打3失点

デイリースポーツ 7月19日(火)23時0分配信

 「広島11-3中日」(19日、マツダスタジアム)

 広島の岡田明丈投手(22)が、3勝目をつかんだ。自己最長タイの8回、96球を投げ5安打3失点。直球を軸に緩い変化球を織り交ぜ中日打線を抑え込んだ。

 「本塁打を打たれたけど、先発としての仕事はできた」。11-0で迎えた六回、2本の安打とボークで1死一、三塁のピンチを背負った。エルナンデスに左犠飛を放たれ1点を返されると、2死一塁とし平田に甘く入った直球を左翼席上段へ2ランを運ばれた。この回以外は、失点することなく大量リードを守り抜いた。

 緒方監督は「真っすぐで打者に向かう投球をしてくれた。しっかり調整してきてくれた」とルーキーの好投に目を細めた。

 後半戦を最高の形でスタートを切った岡田は「次はしっかり完封できるように頑張ります」と力強い言葉を口にした。

最終更新:7月19日(火)23時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]