ここから本文です

【NBA】サンダー、スペイン出身のA.アブリネスと3年契約へ

ISM 7月19日(火)15時6分配信

 オクラホマシティ・サンダーは現地18日、スペイン出身のアレックス・アブリネスと3年契約で合意した。年俸は総額1,800万ドル(約19億1,000万円)と報じられている。

 身長198センチのガード兼シューティングフォワードは、2013年ドラフトでサンダーから2巡目(全体32位)指名を受けたが、過去3シーズンはスペインの名門FCバルセロナに所属。昨シーズンは、スペインリーグとユーロリーグで1試合平均9.6得点をマークした。

 22歳のアブリネスは、並外れたシュート力を持っており、フィールドゴール(FG)成功率49.1%、スリーポイントシュートは43.5%の精度を誇る。(STATS-AP)

最終更新:7月19日(火)15時6分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。