ここから本文です

佐々木希、波瑠主演『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』第3話より出演

オリコン 7月19日(火)23時0分配信

 女優の佐々木希が26日放送の波瑠主演関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(毎週火曜 後10:00)第3話から新キャストとして出演することが19日、わかった。第3話では、幽霊屋敷と呼ばれる洋館で遺体の一部を持ち去られた若くて美しい女性の変死体が次々と発見されるという異常犯罪が発生。佐々木は事件現場近くで、クリーニング屋を営む女性・佐藤都夜(さとうつや)を演じる。

【写真】第2話で謎の男を演じた間宮祥太朗

 同ドラマは、内藤了氏の『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズ(角川ホラー文庫)をもとに、波瑠演じる新人刑事・藤堂比奈子(波瑠)が驚異的な記憶力、殺人犯への探求心を武器に、次々と起こる不可解な猟奇殺人事件の捜査に当たる。これまで殺人者への異常な好奇心から二度も命の危険にさらされたことから、共に捜査をすすめていた先輩刑事・東海林(横山裕)ではなく倉島(要潤)とコンビを組むように厚田(渡部篤郎)から指示される。

 佐々木が演じる都夜は「雨合羽を着たオバケ」という犯人らしき人物を目撃した少女・遥香(住田萌乃)の母親で店の客である佐和(中島亜梨沙)と親しく忙しい佐和の代わりに遥香の面倒を見る女性。捜査の過程で比奈子と知り合い、同年代ということで打ち解けていく。さらに都夜は、佐和が以前から男性のストーカーに付きまとわれており、遥香が目撃した雨合羽を着たオバケとの関係しているのではと比奈子と倉島に相談する。

 物語に途中合流することとなった佐々木は「波瑠さんが温かく迎えてくださったので、実際の現場は良い緊張感で臨むことができました」と安堵。「私もこういったサスペンスやミステリー作品は好きなのですが、視聴者の皆さんも、誰が犯人なのか、誰が殺されてしまうのか、色んな見方でこの作品をご覧いただけたらと思います」とアピールしている。


 

最終更新:7月19日(火)23時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。