ここから本文です

アップアップガールズ(仮)、ウォーターフェスでびしょ濡れライブ

デビュー 7月19日(火)17時0分配信

 7人組アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)が16日、東京・お台場シンボルプロムナード公園で行われたウォーターフェス『Slide the City FES in Aomi』に出演した。

【写真】アップアップガールズ(仮)のライブ写真。

 『Slide the City FES』とは、アメリカ・ソルトレイク発祥のイベント。水をテーマにしたフェスとして、昨年から日本に上陸。今年は、DJやアーティストのライブが楽しめるスプラッシュステージが新設されている。

 アップアップガールズ(仮)の7人が、水着型の衣装でスプラッシュステージに登場すると、ステージ前に巨大な水柱が出現。メンバーは水鉄砲で観客に水をかけまくり、Showtek の『Booyah』をマッシュアップした『Shout!!!!!!!』でライブをスタート。

 アゲ曲『チョッパー☆チョッパー』『アッパーレー』で盛り上げた後、メンバーと観客はサングラスをかけ“パリピ”に変身して『パーリーピーポーエイリアン』へ。佐保明梨は、「今日は最高にパリピなみなさんと、最高の盛り上がりの『Slide the City』の空間を記念して」と、一本締めの合図でくす玉を割り、お祭り感に拍車を掛けた。

 その後もテンションあがるメンバーは、水風船に浮き輪、シャボン玉、マシュマロ、アメを脚に向かって投げつける。全員びしょ濡れの大混乱のなか、全員が笑顔のなんでもあり感溢れるステージとなった。

 最語に佐藤綾乃は「今日は、最高に素敵な空間をアプガと過ごしていただきありがとうございます。今日みたいなパーティーを、11月8日に決まった日本武道館でも行いたいので、もっともっとアプガとパーティー騒ぎしたい方は、ぜひ日本武道館に足を運んでください!」と呼びかけた。

最終更新:7月19日(火)17時3分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。