ここから本文です

オリジナルアニメ『ハンドシェイカー』来年1月から GoHands制作

オリコン 7月19日(火)18時0分配信

 『K』などを手がけたアニメ制作会社「GoHands(ゴーハンズ)」、フロンティアワークス、KADOKAWAによるオリジナルアニメ『ハンドシェイカー』が来年1月より放送されることが、わかった。

『ハンドシェイカー』PV場面カット

 公開されたキービジュアルには、大阪・道頓堀を彷彿とさせる場所に一人の少女が描かれている。キャッチコピーは「護れ、この手で。」。公式サイトには「ハンドシェイカー」は「手を繋ぎ、深層心理から生まれたブキ“ニムロデ”をもって互いに戦う者達」と説明されている。

 スタッフやキャストなど詳細は今後、明らかになる。

■公式サイト
http://www.project-hs.net

最終更新:7月19日(火)18時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。