ここから本文です

北川景子、美しく怪しい占い師に変身? 『家売るオンナ』第3話予告公開

オリコン 7月20日(水)23時0分配信

 女優の北川景子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『家売るオンナ』(毎週水曜 後10:00)第3話(27日放送)予告が公開された。スーパー不動産営業ウーマンの三軒家万智(北川)が客の事情に首を突っ込みながら華麗に家を売りまくる爽快ストーリー。公開された予告では北川がなにやら怪しい占い師に扮した姿で登場している。果たして謎に包まれた万智の行動の意味とは?

【動画】仲村トオル、北川景子をスパイと疑う 『家売るオンナ』第3話予告

 万智の活躍により、課全体の売り上げが上がったテーコー不動産新宿営業所。今回、万智のお客さんとなるのはゴミ屋敷に住む歯科衛生士の女性・夏木桜(はいだしょうこ)。万智は、桜の部屋からある1枚の写真を見つける。時を同じくして一軒家を売って住み替えたいという保坂博人(中野裕太)からも相談を受けた万智と、保坂の家に訪れた庭野。保坂は家具はおろか生活用品も最小限しか持たない、極度の「ミニマリスト」で庭野を驚かせる。

 万智は保坂に桜の部屋を買わせようと画策。内見で売り手と買い手として顔を合わせた桜と保坂だったがなんと2人は元恋人だった。久々の再会で再び恋の炎が燃え上がり、保坂は桜のマンションを買うと宣言したのもつかの間、生活スタイルがあまりに違う2人は再び破局してしまう。保坂は桜のマンションを買うのをやめるが、万智は「2人は再びくっついてわたしから家を買う」と庭野に予言する…というストーリー展開となっている。

 

最終更新:7月21日(木)12時39分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。