ここから本文です

芥川賞の村田沙耶香氏、コンビニバイト週3回 今後は「店長と相談」

オリコン 7月19日(火)21時39分配信

 19日に発表された『第155回芥川賞・直木賞(平成28年度上半期)』で、『コンビニ人間』が芥川龍之介賞に選出された村田沙耶香氏が同日夜、都内のホテルで会見を行った。執筆業の傍ら、今でも週に3回コンビニでアルバイトを行う“異色の小説家”として注目を集める村田氏だが「奇跡のような感じで、信じられずフワフワしているのですが、とてもうれしいです」と初ノミネートで受賞を決めた喜びをかみしめた。

【画像】そのほかの芥川賞・直木賞候補者一覧

 村田氏は1979年千葉県生まれ。2003年『授乳』で第46回群像新人文学賞優秀作を受賞してデビュー。08年『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞受賞、12年『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞を受賞した。また、その独特な感性が同業者の間でも評判を呼び、仲の良い小説家の朝井リョウ氏、加藤千恵氏、中村文則氏、西加奈子氏らからは「クレイジー沙耶香」の愛称(?)で親しまれている。

 BSジャパンの文筆系トークバラエティ『ご本、出しときますね?』に出演した際には、「人からよく抱きつかれることがある」や「殺人のシーンを書くのは喜び」などと話し、MCのオードリー・若林正恭を驚かせていた村田氏。この日は「質問の内容を忘れてしまいました」や「小説家デビューをした時、母にだけこっそり話して、ほかの家族には伝えていなかったのですが、いつの間にか全員にバレちゃってました」など“天然っぷり”をさく裂させて、会場を沸かせた。

 コンビニでのバイトについて話題が及ぶと「コンビニという場所は、小さい頃から不器用だった自分が初めて何かをまともに出来たところで、聖域です」と力説。受賞当日のきょうも通常通り、バイトをしてきたといい「きょうは忙しい日でした。今後も、可能であれば続けたいのですが、店長と相談したいと思います。コンビニ名は店長ストップがかかっているので、言えません…」と笑顔で明かしていた。

 直木三十五賞は、荻原浩氏の『海の見える理髪店』に決まった。

最終更新:8月24日(水)14時5分

オリコン