ここから本文です

横浜流星、『でぶせん』出演 学校一の問題児・義志沢月人役

オリコン 7月20日(水)6時0分配信

 俳優の横浜流星が配信サービス「Hulu」のオリジナルドラマ『でぶせん』(8月末より配信開始予定、全6話)に出演することが19日、わかった。

みっちゃん役で主演する森田甘路

 『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載中の同名漫画(原作:安童夕馬、漫画:朝基まさし)を実写ドラマ化。漫画『サイコメトラー』の登場人物の一人、コスプレ大好き「みっちゃん」こと福島満(森田甘路)が、自分とそっくりな女性教師・福島満子の死体と遭遇。満子の指輪をはめた瞬間、彼女の霊が乗り移り、不良たちであふれかえる高校に国語教師として赴任し、生徒たちを救うストーリー。先の読めない展開と何でもありの無茶苦茶さから実写化不可能と言われていた。

 横浜が演じるのは、みっちゃんが受け持つ2年寅組の生徒で、停学になっていた不良であり、きゃしゃな体つきだがケンカはめっぽう強い・義志沢月人。「こいつヤバイな、という空気感や存在感を出せるようにしたい。絶対に面白い作品になると思います。原作をリスペクトし、全力で魂を込めて頑張ります」と意気込んでいる。

最終更新:7月20日(水)6時0分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。