ここから本文です

『刑事7人』紅一点の倉科カナ、「男子っていつまでも中学生みたい」

オリコン 7月20日(水)10時30分配信

 テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)第2話がきょう20日に放送される。東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なエキスパート7人が難解な刑事事件に挑む姿を描く刑事ドラマの第2シリーズ。前シリーズから紅一点、水田環を演じる倉科カナのコメント動画が到着。男性ばかりの撮影現場は「昼間っから下ネタを言って、男子っていつまでも中学生みたい」と伝えている。

【動画】倉科カナが、2話のみどころ語る

  警視庁の「機動捜査隊」に異動となった天樹悠を演じる東山を筆頭に、警視庁捜査一課12係の「刑事」沙村康介役の高嶋政宏、同・永沢圭太役の鈴木浩介、第2シリーズから加わった青山新役の塚本高史、ここに12係の係長から刑事総務課長に出世した片桐正敏を演じる吉田鋼太郎が加わると、いっそう下ネタトークが盛り上がるという。レギュラー出演者はほかに、謎の部署「未来犯罪予測センター」へ異動になった山下巧役の片岡愛之助と、「法医学」の権威・堂本俊太郎役の北大路欣也と、確かに男ばかり。

 しかし、第2話の見どころは倉科曰く「女の業って恐いな」。鈴木に言わせれば「底なし沼」だそうで、キーパーソンは女性。遺体の第一発見者として登場する帝都テレビのキャスター・中原雅美役でMEGUMIが出演する。

 コメント動画では、倉科が選ぶ一番好きな登場人物とその理由も明かしており、レギュラー出演者の高嶋、鈴木、塚本の3人からの質問メッセージにも答えている。

■第2話あらすじ

 区立保育園の開園予定地となっている空き地で、東京都知事特設秘書・和久井裕介(児玉貴志)の遺体が見つかった。捜査本部は和久井が近隣のマンションから投身自殺を図ったと判断。捜査は早々に幕引きを迎えるかに見えた…。

 そんな中、「警視庁機動捜査隊」の刑事・天樹(東山)は、法医学者の堂本(北大路)に呼び出される。なんと司法解剖の結果、和久井は両腕を後ろに組んだまま飛び降りた可能性が高いというのだ。もし、和久井が受け身を取れないように拘束され、誰かに突き落とされたのだとしたら…。自殺と決めつけるには早いと判断した天樹は、他殺の線を追い始める。

最終更新:7月20日(水)12時0分

オリコン