ここから本文です

第63回マカオグランプリ、冠スポンサーはサンシティグループ=3年連続

マカオ新聞 7/19(火) 10:59配信

 1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(以下、マカオGP)。1983年からフォーミュラ3(F3)グランプリが設けられ、アイルトン・セナ、ミヒャエル・シューマッハ、佐藤琢磨らが優勝を経てF1にステップアップするなど、若手レーシングドライバーの登竜門的存在として注目を集める。

 今年の第63回マカオGPは11月17日から20日までの4日間、起伏やカーブが多く道幅も狭いことから、高度なドライブテクニックを要求される難関コースとして知られる市街地の一般道路を使った全長6.2kmのサーキット「ギアサーキット」を舞台にメインレースとなるF3のほか、オートバイやGTカー等の各種レースが開催される。

 マカオグランプリ組織委員会は7月18日、第63回マカオGPの冠スポンサー契約式を行った。冠スポンサーを務めるのはマカオを中心にアジアでカジノVIPルームのほか、広くレジャー・エンターテイメント事業を展開するサンシティグループ(太陽城集團)で、スポンサー料は2000万パタカ(日本円換算:約2億6496億円)とのこと。同社による冠スポンサーは3年連続。スポンサー契約の締結に伴い、第63回大会の正式名称は「サンシティグループ第63回マカオグランプリ」となる。

 また、マセラティが2年連続でセーフティカーやメディカルカーのスポンサーとなることが発表された。

 大会組織委員会によれば、第63回大会の総予算は前年同様の約2億パタカ(約26億4960万円)を見込んでいるという。今年はF3グランプリのワールドカップへの格上げに向け取り組んでいるほか、二輪車レースのモーターサイクルグランプリが50周年を迎えるため、往年のスタードライバーを招聘した記念イベントの開催を計画しているとのこと。

最終更新:7/19(火) 10:59

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。