ここから本文です

交通違反切符破った小学校長逮捕 岡山中央署、公務執行妨害の疑い

山陽新聞デジタル 7月19日(火)10時10分配信

 交通違反の点数切符を破ったとして、岡山中央署は18日、公務執行妨害の疑いで、岡山市立小学校長男性(53)=赤磐市=を現行犯逮捕した。校長は「自分だけ交通違反で捕まるのは不公平だと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は18日午後0時20分ごろ、岡山市北区表町の同署千日前交番で、署員からシートベルト装着義務違反の点数切符への署名と押印を求められた際、切符を破って公務の執行を妨げた疑い。

 同署によると、校長は交番近くの国道250号で乗用車を運転。助手席の同乗者がシートベルトを装着していなかったとして、交通違反取り締まり中の署員に停車させられた。

 岡山市教委学事課は「逮捕は誠に遺憾で、事実関係を確認して対処するとともに、児童の心のケアに努めたい」としている。

最終更新:7月19日(火)10時10分

山陽新聞デジタル