ここから本文です

マカオのカジノ売上、直近7四半期で初めてマイナス幅縮小=第2四半期ギャンブル統計

マカオ新聞 7月19日(火)12時24分配信

 マカオ政府のギャンブル監理部門にあたるDICJは7月18日、今年第2四半期(2016年4~6月期)のギャンブル統計を公表。カジノ売上は前年同期比9.2%減の516.11億パタカ(日本円換算:約6837億円)で、直近7四半期で初めてマイナス幅が縮小した。

 カジノ以外のギャンブル売上については、ドッグレースが31.3%減の0.22億パタカ(約2.9億円)、競馬が19.6%減の0.37億パタカ(約4.9億円)、サッカーくじが14.3%増の1.6億パタカ(約21.2億円)、バスケットボールくじが14.3%増の0.32億パタカ(約4.2億円)、中国式ロトが前年同水準の0.02億パタカ(約0.3億円)など。今年第2四半期マカオのギャンブル総売上は9.2%減の518.64億パタカ(約6872億円)となった。

 カジノ売上の内訳をみると、VIPルームが15.7%減の265.98億パタカ(約3524億円)で、全体に占める割合は51.5%まで低下している。一方、マスゲーミング(いわゆる平場)は1.1%の微減にとどまった。特筆すべき点としては、マカオのカジノ売上がダウントレンドにある中、マスゲーミングのバカラが0.2%増の186.47億パタカ(約2471億円)、ライブマルチゲーミングが11.5%増の5.62億パタカ(約74億円)とプラスを記録したことが挙げられる。

 今年第2四半期のスロットマシン台数は第1四半期から591台減となる1万3706台、売上は前年同期比11.3%、第1四半期比8.1%のそれぞれ減となる26.27億パタカ(約348億円)。ゲーミングテーブル数は前年同期から184台増、第1四半期から89台減の5998台。

 なお、マカオの上半期のカジノ売上はの1077.87億パタカ(約1兆4283億円)、総ギャンブル売上は1082.53億パタカ(約1兆4344億円)で、いずれも前年の同じ時期から11.4%減。

最終更新:7月19日(火)12時24分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。