ここから本文です

生命保険見直しで保険に頼ることをやめた「我が家の選択」

マネーの達人 7月19日(火)5時0分配信

みなさんは、生命保険に入っていますか? よく分からないまま入って、何となく払い続けていませんか? しかも、その保険の内容が分かっていますか? 

保険て、難しいですよね。払っている金額も高いのか、安いのかよく分からない。我が家も、引き落とされる度に疑問が湧いていました。

「本当に必要なのかな? この分、貯蓄に回したほうがいいのでは…」

我が家では、8年間払い続けてきた保険をやめて、本当に必要な、足りない金額だけにして約600万円もの節約に成功しました。毎月でいえば2万3000円の保険料を3000円にまで、毎月2万円もの節約に成功しました。

しかも毎月3000円は家を購入する予定までの3年間のみなので、3年後は保険料は0円です。

ここまで保険料を節約できた理由は、我が家が以下の3点を行ったからです。

1. きちんと生命保険のことを知り、保険に頼ることをやめた

まずは、生命保険のことを調べました。生命保険に関する本をたくさん読み、色々な知識がある人たちの意見などを参考にしました。

すると、生命保険はかなり損をする確率の高いものだと知りました。何百万という高額な支払いをしても、受取金額が0円の可能性が非常に高いもの。

保険は、そもそも万が一のときに役立てるものです。その為に、保険会社が皆から集めたお金を困っている人に支払うものです。ですから保険会社が、最初から儲かるように金額が設定されているんですね。

実際、生命保険を受け取る確率は、宝くじに当たる位というのも聞いたことがあり納得です。それならば、確実に貯蓄したほうがいいと、我が家は保険をやめてその分を貯蓄することにしました。

2. 万が一のときに、本当に足りない金額をきちんと調べる

万が一のときに本当に困ることは何だろう? 現在の貯蓄を確認して、足りない金額を調べました。

万が一の時は、18歳までの子供がいれば国から手当が支給され、パートに出れば生活費は大丈夫、教育費は貯蓄で賄えます。

我が家は社宅なので万が一の時は出ていかなければならず、住むところに困ると思い、マイホームを購入するまでの間だけ、足りない金額だけを保険で賄おうと決めました。

色々調べ、主人の会社の掛け捨てのグループ保険を利用することにしました。

1/2ページ

最終更新:7月19日(火)5時54分

マネーの達人

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。