ここから本文です

錦織 エキシビションマッチに登場、コーチのチャンとダブルス披露<男子テニス>

tennis365.net 7月19日(火)9時7分配信

錦織圭

男子テニスで世界ランク6位の錦織圭(日本)は現地17日、コーチのM・チャン(アメリカ)が主催する「マイケル・チャン テニス・クラシック」のエキシビションマッチに参加し、自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」を更新した。

錦織 チャンは「力になる」

このエキシビションマッチに今年で3年連続の参加となった錦織は、例年通りチャンとペアを組みC・マミット(フィリピン)/ J・ギメルストブ(アメリカ)組と対戦。会場に詰め掛けたファンの前でプレーを披露した。

自身初の8強入りをかけて臨んだウィンブルドン4回戦で、前哨戦に負傷した左脇腹の状態が限界に達し、途中棄権を余儀なくされた錦織。その後は日本へ帰国し、イベント参加や会見などで元気な姿を見せていた。

12日のイベント時には「だいぶ良くなってきています」と左脇腹の状態についてコメントしており、今後は7月25日開幕のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)に出場する予定。

tennis365.net

最終更新:7月19日(火)9時7分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。