ここから本文です

沖縄 今後も厳しい暑さ続く 高温に関する情報

ウェザーマップ 7月19日(火)15時51分配信

 沖縄で、気温の高い状態が続いている。日中の厳しい暑さだけでなく、朝の最低気温も記録的に高い。特に16日(土)の最低気温は名護市と那覇市で29.2℃で、名護市は統計がある1966年以降最も高く、那覇市でも100年以上続く観測で7月としては最も高い値だった。
 
 太平洋高気圧の勢力が強く、沖縄は今週も晴れて暑い日が多い見込み。24日(日)頃からの1週間ほどは気温が平年よりかなり高くなるとして、沖縄気象台は「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表した。今後も、熱中症など健康管理や、農作物の管理に注意が必要となる。

最終更新:7月19日(火)15時51分

ウェザーマップ