ここから本文です

広島・新井、サヨナラ弾で7月は6本塁打目 逆方向への一発に手応え

Full-Count 7月19日(火)8時3分配信

オールスターの期間中も「後半戦のことしか考えていなかった」

 18日の中日戦で、広島の新井貴浩がサヨナラ本塁打を放った。25年ぶりのリーグ優勝を目指すチームは最高の形で後半戦のスタートを切り、新井は「みんなで諦めない試合ができた」と、満面の笑みを見せた。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧


 2-2で迎えた9回、1死から中日2番手・祖父江の3球目をフルスイングした当たりは、ライトスタンドに飛び込む殊勲の一発になった。新井は「とにかく塁に出ようと思っていた。感触は良かった。(球種は)真っ直ぐですね」と、興奮が冷めない様子で本塁打を振り返った。

 7月に入り、6本目の本塁打となるが、そのうちの4本が右方向への一発となっている。「逆方向にホームランを打てるのは、下半身をしっかり使って打てているから。今は下半身がしっかり使えるような待ち方が、確率よくできている」と、自分の目指す打撃が実践できていることを強調した。

 ホームインした際には、後輩ばかりのチームメイトから手荒な祝福を受けた。「みんな日頃のお返しみたいに、ここぞとばかりに、という感じで」と、冗談で周囲を笑わせた後、「みんな一戦一戦、必死でやっている。喜んでもらえて嬉しい」と表情を崩した。

 オールスターの期間中も「後半戦のことしか考えていなかった。そのつもりで練習もしていたし、準備もしていた」という言葉を、見事に実践した一打で、チームは後半戦もさらに加速しそうな勢いだ。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:7月19日(火)12時26分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]