ここから本文です

山陽新幹線で折り紙プレゼント 運転士、パーサーなど全4種類

乗りものニュース 7/19(火) 12:00配信

新幹線公式キャラのイベントも予定

 JR西日本は2016年7月16日(土)、山陽新幹線で「夏限定のおもてなし」としてオリジナルの折り紙をプレゼントするキャンペーンを開始しました。

 昨年度の夏と冬に実施し好評だったという「新幹線折り紙」の第3弾として、「2016夏バージョン」を用意。折り紙は「運転士」「車掌」「パーサー」「駅係員」の4種類があり、山陽新幹線各駅の駅係員や、車内の乗務員、パーサーから希望者にプレゼントされます。各種類の配布場所は次のとおりです。

・「運転士」:山陽新幹線の駅ホームなど
・「車掌」「パーサー」:山陽新幹線の車内など
・「駅係員」:新大阪駅や山陽新幹線の各駅など

「新幹線折り紙」は種類ごとに異なる表紙とシールのほか、折り紙5枚が入っており、うち1枚は説明書に基づいて折ると新幹線の形になります。同封のシールで装飾も可能です。折り紙の配布期間は8月31日(水)までですが、なくなり次第終了です。

 期間中には、山陽新幹線の公式キャラクター「カンセンジャー」が「新幹線折り紙」をプレゼントするイベントも開催。山陽新幹線の新神戸駅(8月12日)、岡山駅(7月23日)、広島駅(7月29日)、新山口駅(7月30日)、小倉駅(8月7日)、博多駅(7月24日)でそれぞれ実施が予定されています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/19(火) 12:19

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。