ここから本文です

ヤマハ、クールでレーシーな「WR250R」2017年モデルを発売

オートックワン 7月19日(火)16時50分配信

ヤマハ発動機は、水冷・4ストローク・FIの高性能エンジンをアルミフレームに搭載したオン・オフロードモデル「WR250R」のグラフィックを変更し9月12日より発売する。

(写真)他のカラーリング・価格表

「ディープパープリッシュブルーソリッドE」(ブルー)に採用の新グラフィックは、2017年YZシリーズ同様「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れており、レーシーなイメージを演出する。ビッグロゴグラフィックで存在感を印象づける「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト)は継続設定する。

なお、スーパーモタードの走りが楽しめる「WR250X」の「ヤマハブラック」(ブラック)と「パープリッシュ ホワイトソリッド 1」(ホワイト)は継続設定となる。

最終更新:7月19日(火)16時50分

オートックワン