ここから本文です

広島・中崎がチームに勢いもたらす投球 「攻撃に繋げる意識でマウンドに」

Full-Count 7/19(火) 9:08配信

サヨナラ勝ちにつなげる好投

 広島の中崎翔太が、18日の中日戦で同点の9回に登板し、三者凡退に抑えてサヨナラ勝ちにつなげて自身2勝目を挙げた。

 先発したジョンソンとセットアッパーのジャクソンの後を継いで登板した中崎は、先頭打者の堂上をセカンドフライに打ち取った後、桂、代打の野本から連続三振を奪った。三振を奪った球は、いずれも150キロのストレートで、チームに勢いをもたらす投球だった。

 中崎は「攻撃に繋げる意識でマウンドに上がって、それがしっかりできたことがこの結果につながったと思う」と、自信に満ちた表情で報道陣の質問に答えた。

 先発のジョンソンが降板した8回は、ジャクソンが3人で中日の攻撃を退けた。「いい流れで、投げやすかったです」と、ともにブルペンを支えるリリーバーに感謝した。自身の快投が、劇的なサヨナラ劇につながり、「明日につながる試合になったと思う」と、その表情は満足そうだった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:7/19(火) 9:14

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。