ここから本文です

県内の看護師が研修 がん看護の最新知識学ぶ/富山

チューリップテレビ 7月19日(火)12時39分配信

 県内の看護師が、がん治療に関する最新の知識やケア方法を学ぶ研修が、富山市で19日から始まりました。
 この研修は、がん治療の分野で質の高い看護師を育成しようと、県看護協会が実施しているもので、初日の19日は、県認定看護師教育センターで開講式が行われました。
 研修には、県内の看護師16人が参加し、がん治療の最新知識を座学と実習で15日間にわたって学びます。
 県看護協会によりますと、近年、がん治療の現場では、治療方法や療養場所を患者が選ぶ時代になっており、医師と患者のつなぎ役として看護師の役割の重要性が高まっているということです。

 「働いていて学べないことを、もう一回振り返って学んだり、(職場で)みんなに発信していけるように頑張っていきたい」(研修生)

チューリップテレビ

最終更新:7月19日(火)12時39分

チューリップテレビ