ここから本文です

ハリー王子、HIVテストをフェイスブックでライブ中継

ELLE ONLINE 7月19日(火)22時22分配信

ハリー王子が7月14日(現地時間)、HIV検査の重要性を伝えるため自らテストを受ける様子を王室の公式フェイスブックでライブ配信した。ロンドンにあるバレルストリート・セクシャルヘルス・クリニックを訪れたハリー王子は、指に針を刺して採血してその場で結果がわかる無料の検査を受けた。テストの前はナーバスになっていることを証しながらも、約1分後に陰性と結果が出て、「こんなに早いなんて素晴らしいね」と感心したよう。

またフェイスブックのコメント欄では、「英国におけるHIV治療は進歩しているにも関わらず、患者の割合は上昇し続けています。いちばんの要因は、最大17%の陽性患者が自分の感染に気づかないまま、パートナーにウイルスをうつしてしまっているということです」と訴えた。ハリー王子の亡き母、ダイアナ元妃はエイズ啓発活動に熱心に取り組んでいたことでも知られる。HIV/エイズに対する偏見や差別をなくすため、陽性患者と握手やハグをしても感染しないと身をもって示した。

母の意志を引き継いだハリー王子は、7月18日から南アフリカのダーバンで開幕した第21回国際エイズ会議に出席。きっとダイアナ元妃も応援しているはず。

from ELLEgirl

最終更新:7月19日(火)22時22分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。