ここから本文です

豊田スチールセンター、CVT輸送 6月、過去最高3.9万トン 東南ア向け好調

日刊産業新聞 7/19(火) 11:34配信

 豊田スチールセンター(本社=愛知県東海市新宝町、早田稔社長)は「CVT(コンテナ・バンニング・テクノロジー)」を活用した輸送業務を展開しているが、今年6月の輸送量は月間3万9000トンと月間ベースでは過去最高水準となった。東南アジア向けの鋼板輸出の好調によるもの。CVTの輸送計画は今期37万トン/年を目指していたが、このペースが続けば、計画を上回り年間40万トンを超える見通しだ。

最終更新:7/19(火) 11:34

日刊産業新聞