ここから本文です

政務活動費不正取得 矢後県議が辞職願提出/富山

チューリップテレビ 7/19(火) 12:40配信

 書籍を購入したとして、領収書を偽造し、政務活動費を不正に取得していた矢後肇(やご・はじめ)県議が、19日、代理人を通じて、県議会の大野久芳(おおの・ひさよし)議長に議員の辞職願を提出し、許可されました。
 午前9時半ごろ、矢後議員の後援会幹部が、代理人として県議会事務局を訪れ、議員の辞職願を提出しました。
 矢後議員は、南砺市の書店の印鑑を偽造し、実際には購入していない書籍の領収書を作成。
 2010年から4年半で、約460万円を政務活動費として不正に取得したことを認めています。
 県議会の大野議長は、矢後議員の辞職願を許可し、再発防止策については、各会派の意見を聞く考えを示しました。

 「各会派の方々が、それぞれ、お考えになっていることを持ち寄った形で、代表者会議が開かれると思いますので、そこで、どのようなお話が出るのか、それを待ちたいと思っております」(県議会・大野久芳議長)

チューリップテレビ

最終更新:7/19(火) 12:40

チューリップテレビ