ここから本文です

グリーンピース、100人以上のノーベル賞受賞者達から批判を受ける

ギズモード・ジャパン 7月19日(火)21時10分配信

そろそろ、遺伝子組み換え作物に対する考えを改めるときかもしれません。

お騒がせ環境保護団体グリーンピースがGMO(遺伝子組み換え作物)に大反対なのは想像に難くありません。グリーンピースのように周りに迷惑をかけてまで環境問題を騒ぎ立てる人でなくても、遺伝子組み換えということばのついた農作物は思わず敬遠してしまうでしょう。しかしここ数年で徐々に流れが変わってきており、問題がまったくないわけではありませんが、GMOは安全な食品であるという科学的なデータも出てきました。そんな中、110人のノーベル賞受賞者たちがグリーンピースに対し、GMOへの抗議を止めるよう訴えました。

受賞者たちが主に問題としているのは、グリーンピースによる「ゴールデンライス」への抗議活動です。これはフィリピンで試験栽培されている遺伝子組み換え米です。ベータカロテンを含むようにすることで、コメからビタミンAを摂取できるようにし、貧困層のビタミンA欠乏症を改善するための試みでした。以下は受賞者たちの共同声明からです。

“ グリーンピースはゴールデンライスに対する抗議の急先鋒です。ゴールデンライスは、東南アジアやアフリカの貧困層を蝕むビタミンA欠乏症(VAD)による死や病気を軽減、あるいは根絶する可能性を秘めたものとして期待されています。
WHO(世界保健機関)によると、ビタミンA欠乏症に悩む人口は2億5000万人で、そのうち40%は発展途上国の5歳以下の子どもたちです。ユニセフの統計では、VADによって毎年1億人から2億人が避けられたはずの死を迎えています。これはVADが免疫機能を低下させ、乳児や子どもを危険に晒すからです。VADそのものも子どもの視力喪失の原因となっており、毎年25万人から50万人が被害にあっています。しかもその半数は視力を失って12カ月以内に死亡しています ”

これに対するグリーンピースの反対活動は、単なる抗議を超えたものでした。2013年の当初の報道では、「400人の怒れる農家が試験農場に突入し、ゴールデンライスの稲を破壊した」という話でしたが、これはグリーンピースなどの活動家の言葉を鵜呑みにしたもので、実情はまったく異なっていました。実際に農場に突入したのは一握りの活動家達で、本物の農家の人たちはバスで現場に運ばれてきたものの、後ろから呆然と眺めていただけだったのです。

Slateのインタビューに答えた国際稲研究所のRaul Boncodinは襲撃を目撃しており、活動を行なっていた人の大半が、土も手にとったことがなさそうな都会の若者ばかりだったと答えています。また彼によると、農家の人たちの間では稲を殺すことは不幸に繋がると考えられており、例えGMOであろうと、病気にかかって他に影響を与えそうな稲であろうと、決して手をかけることはないそうです。

ナスカの地上絵の件とは違い、これに関してグリーンピースは未だ正式な謝罪を行なっていません。グリーンピースの調査員であるCharlie CrayはCBCに対し、ゴールデンライスは遺伝子組み換えされていない稲にまで影響を及ぼし、発展途上国の人々がGMOを避けるのを難しくするため、栄養の問題には他の方法に投資を行なうべきだと主張し、また受賞者達に対して「一番の疑問は、なぜ彼らはアメリカでGMOのラベル記載に関する投票が行なわれる一週間前にわざわざワシントンDCで会見を行なったのか?ということです」と、彼らの行動自体がGMOを支持させるための売名行為であるとしました。

もちろん、受賞者達が支持しているからといって、手放しにすべてのGMOを安全と考えるのは間違いです。昨年承認された「フランケン・フィッシュ」にしても、2倍の速度で成長する魚を普通の魚と同じだと見るのは難しいし、人間が食べた場合の長期的な影響も調査に不安が残ります。それに、タフツ大学での動物を使った実験の結果、GMOを食べた動物に健康上の悪影響があったのは間違いなく、これが果たして人間の場合どうなるのか、まだ決定的なことは誰にもわからないのです。

ただ言えるのは、GMOだからといって十把一絡げにすべてを悪だと決めつけるのではなく、もっと冷静な議論が必要なときが来ているのではということです。特にゴールデンライスに関しては、現状を見れば「他の方法を探せ」と言うだけではあまりに無責任です。自分たちの主義主張より、世界の現実と向き合って活動してほしいですね。

image by Greenpeace
source: CBC、Slate、Support Precision Agriculture
(scheme_a)

最終更新:7月19日(火)21時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]