ここから本文です

元世界8位のユーズニーが19歳のニクルスを下して初戦突破<男子テニス>

tennis365.net 7月19日(火)18時4分配信

スイス・オープン・グシュタード

男子テニスのスイス・オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、クレー、ATP250)は18日、シングルス1回戦が行われ、第7シードのM・ユーズニー(ロシア)が主催者推薦出場の19歳 J・ニクルス(スイス)を6-3, 6-2のストレートで下し、初戦突破を果たした。

ミハイル・ユーズニー 選手詳細情報

この試合、ファーストサービスが入った時に82パーセントの高い確率でポイントを獲得したユーズニーは1度もブレークを許さず、1時間12分で勝利した。

2回戦では世界ランク97位のD・イストミン(ウズベキスタン)と同139位のM・バシック(ボスニア)の勝者と対戦する。

現在34歳のベテラン ユーズニーは2008年に世界ランキングで8位まで上り詰めた実力者。キャリア通算10勝を誇り、グランドスラムでは2006・2010年の全米オープンでベスト4に進出している。

今大会のシード勢は、第1シードにF・ロペス(スペイン)、第2シードにG・シモン(フランス)、第3シードにA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、第4シードにT・ベルッチ(ブラジル)となっており、上位4シードは1回戦免除で2回戦からの登場。

tennis365.net

最終更新:7月19日(火)18時4分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。