ここから本文です

イカルディは本当にジルーより優れているFWか 直近3シーズンの数字を比較すると……

theWORLD(ザ・ワールド) 7/19(火) 10:20配信

アーセナルへの移籍が噂されるイカルディ

今夏に何としても大物FWを獲得したいアーセナルは、これまでジェイミー・バーディやゴンサロ・イグアイン、アルバロ・モラタなど複数のストライカー獲得の噂が浮上してきた。最も近づいたのはバーディだったが、結局は失敗。アーセナルサポーターの中にはまさかこのままシーズンに突入してしまうのではと不安に感じている者もいるだろう。

そこに浮上したのがインテルFWマウロ・イカルディだ。イカルディはインテルの大黒柱的存在だが、妻で代理人のワンダ・ナラがクラブの対応に不満を抱いていると言われている。そこで移籍先の1つにアーセナルが浮上する格好となったわけだが、果たしてイカルディはサポーターを満足させるだけのタレントなのか。

現在アーセナルの前線を任されるオリヴィエ・ジルー、そしてイカルディのここ3シーズンのリーグ戦での成績を比較すると、イカルディが47得点に対してジルーが46得点とほとんど変わらない。アシスト数ではイカルディが12、ジルーが17とジルーの方が上回っており、両者の間に特別大きな差があるわけではない。もちろんこれは両チームのスタイルにも左右されるため、単純に比較することはできない。しかし、イカルディの方がジルーより抜群に優れていると断言することはできないのではないか。

年齢を考えると29歳のジルーに対してイカルディはまだ23歳と若いため、今後さらに成長する可能性は十分に考えられる。しかし、アーセナルサポーターはもはや今後成長するかもしれないというジャンルのFW獲得を望んでいない。求められているのは即戦力だが、イカルディはアーセナルサポーターが望むタレントなのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/19(火) 10:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報