ここから本文です

武井咲×滝沢秀明、禁断の愛ドラマ「せいせいするほど愛してる」ミスの代償に体が狙われる!?突然のキスから思わぬ三角関係へ?

E-TALENTBANK 7/19(火) 21:00配信

今夜、TBS系ドラマ「せいせいするほど、愛してる」の第2話が放送される。

このドラマは、小学館「プチコミック」に連載されていた、北川みゆきの同名マンガ「せいせいするほど、愛してる」が原作の作品で、ティファニージャパンの広報部で働く主人公・栗原未亜(武井咲)が恋に落ちたのは、自社の副社長・三好海里(滝沢秀明)。しかし三好は既に妻を持つ立場だった…。この二人の禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様を描く内容だ。

先週放送の第1話では二人の出会い、急速に惹かれ合っていく様子、海里が結婚しているという事実が発覚し揺れ動くする未亜、そして元彼からのストーキングなど、初回から濃い内容の物語が描かれていた。

1話の終わりでは、突然海里からキスされてしまった未亜。海里に妻がいることを知っている未亜の気持ちはどうなっていくのか?海里の本心はどこにあるのか?第2話の動向に注目が集まる。
 
 
【第2話あらすじ】
ストーカーと化した元彼の陽太(高橋光臣)に襲われそうになった未亜(武井咲)。そこに偶然居合わせた三好海里(滝沢秀明)に助けられ、キスされてしまう──。海里とのキスの余韻に浸る未亜だったが、後日、海里が妻らしき人(橋本マナミ)と仲睦まじげに歩く姿を目撃してしまう。

海里の本心が分からず、落ち着かない日々を送る未亜…。そんなある日、広報部で懇意にしているカリスマスタイリスト・森丈一(駿河太郎)に、誤って違う日にちに誕生日プレゼントを贈ってしまい、そのお詫びに行くことに。すると、森に「その誠意が本当なら…体で払ってよ」と脅されてしまい――?

しかも海里の最大のライバル、ジミー チュウの敏腕広報マン・宮沢(中村蒼)が現れ、「必ずあんたを口説き落とす」と豪語し、未亜をヘッドハンティングしようとする。未亜・海里・宮沢の恋と仕事のトライアングルは一体どうなる!?

最終更新:7/19(火) 21:00

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]