ここから本文です

ホークス武田、オリックスに前回黒星も「打者に向かっていく気持ちで」

Full-Count 7月19日(火)13時31分配信

19日オリックス戦で先発へ「感じは良くなってきている」

 19日のオリックス戦に先発するソフトバンク・武田翔太。京セラドームでの前回対戦(7月4日)は、6回2/3を3失点と試合を作りながらも、打線の援護を受けられず黒星を喫している。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

「感じは良くなってきている。打者に向かっていく気持ちをもって、ゲームを作れるように投げたい」

 12日のロッテ戦(東京ドーム)では、7回無失点の好投で9勝目をマーク。その試合では途中でノーワインドアップからセットポジションに変える工夫も見せたが、19日の登板に関しては「やってみてバランスのいい方で」と臨機応変に臨むつもりだ。

「しっかりと腕を振って、ファールや空振りが取れるように。気持ちが入ったボールを投げてゲームを作っていきたい」

 一度黒星を喫したロッテにすぐにリベンジを果たしたように、19日はオリックスにもしっかりと借りを返す番だ。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:7月19日(火)14時7分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。