ここから本文です

サンティラン晶のATPツアーデビュー戦は第8シードに敗退 [キッツビューエル/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月19日(火)19時52分配信

「ゼネラリ・オープン」(オーストリア・キッツビューエル/7月18~23日/賞金総額46万3520ユーロ/クレーコート)のシングルス1回戦で、サンティラン晶(日本)は第8シードのヤン レナード・ストルフ(ドイツ)に2-6 2-6で敗れた。試合時間は52分。

サンティラン晶がフューチャーズ大会のシングルスで今季4勝目 [スペインF18フューチャーズ]

 19歳のサンティランは今大会にはワイルドカード(主催者推薦枠)を獲得して初のATPツアー本戦入り。今シーズンはフューチャーズ大会で4勝を挙げるなど、昨年615位で終えた世界ランキングを291位(7月11日付)まで上げている。ストルフとは今回が初対戦だった。

 ストルフは2回戦で、ダニエル・ムニャス デ ラ ナバ(スペイン)と対戦する。ムニャス デ ラ ナバは1回戦で、ミハエル・ベレー(ドイツ)を6-3 6-3で下しての勝ち上がり。

 サンティランはルーカス・ミードラー(オーストラリア)とのダブルスにもワイルドカードで出場しており、初戦の対戦相手は第3シードのジョナサン・エルリック(イスラエル)/サンティアゴ・ゴンサレス(メキシコ)となっている。

 そのほかの日本勢ではダニエル太郎(エイブル)がシングルスに出場しており、1回戦でユルゲン・メルツァー(オーストリア)と対戦する。

 ゼネラリ・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

     ◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位】

ドミニク・ティーム(オーストリア)[1]
フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)[2]
マルセル・グラノイェルス(スペイン)[3]
パオロ・ロレンツィ(イタリア)[4]

※[ ]数字はシード順位

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:7月20日(水)22時46分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]