ここから本文です

「モウリーニョは新たなファーガソンになれる」 ラニエリも“スペシャルな3人“の指揮官を警戒

theWORLD(ザ・ワールド) 7月19日(火)10時40分配信

昨季王者として新シーズンを戦うレスター

昨季王者として2016-17シーズンを迎えるレスター・シティ指揮官クラウディオ・ラニエリは、今夏イングランドにやってきた3人の指揮官を警戒している。マンチェスター・ユナイテッドにはジョゼ・モウリーニョ、マンチェスター・シティにはジョゼップ・グアルディオラ、そしてチェルシーにはアントニオ・コンテと世界トップレベルの指揮官が同時にやってくるのは極めて珍しい。

英『sky SPORTS』によると、ラニエリも3人の指揮官を警戒しており、昨季王者ながら0から始める決意を口にしている。また、3人の指揮官がそれぞれのクラブにマッチしていると感じているようで、モウリーニョは新たなサー・アレックス・ファーガソンになれると語った。

「モウリーニョは新しいファーガソンになれるよ。彼は26年間も留まることはないだろうが、強烈なインパクトを残してクラブを去るはずだ。アントニオとチェルシーも互いに相性が良いと思う。グアルディオラもマンCに合っている指揮官に見えるね。我々の基本コンセプトは0から始めることさ。我々はタイトルを勝ち取ったし、特別なことを成し遂げた。だが、今はページがめくられてるんだ」

モウリーニョはどのクラブでも短期政権ばかりと批判されることもあるが、各クラブでとんでもないインパクトを残している。マンUでも同様のインパクトを残すはずで、ラニエリを含めレスターにとっては非常に厄介な相手となるだろう。ラニエリはあくまで自分たちの目標が残留にあるともコメントしているが、3人のスペシャルな指揮官とどう渡り合うつもりだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月19日(火)10時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合