ここから本文です

日本は大阪・靭でウクライナと対戦 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7/19(火) 21:00配信

 男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ(デ杯)」ワールドグループ・プレーオフの組み合わせ抽選が行われ、日本はウクライナとホームで対戦することが決まった。会場は大阪の靭テニスセンター(ハードコート)で、試合は9月16日(金)~18日(日)に行われる。

マレーに敗れた錦織「第5セットの集中力、爆発力が足りなかった」 [デ杯イギリス対日本]

 日本はイギリス・バーミンガムで行われたワールドグループ1回戦(3月4~6日/室内ハードコート)で前年優勝国のイギリスに1勝3敗で敗退。昨年に続いて残留をかけたプレーオフを戦う。

 ウクライナはホームで行われたヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦(ウクライナ・キエフ/7月15~17日/ハードコート)で、オーストリアを3勝2敗で倒してプレーオフ進出を果たしている。

     ◇   ◇   ◇

【ワールドグループ・プレーオフ組み合わせ(9月16~18日)】

スイス[1] vs ◎ウズベキスタン

◎ベルギー[2] vs ブラジル

◎オーストラリア[3] vs スロバキア

◎カナダ[4] vs チリ

カザフスタン[5] vs ◎ロシア

スペイン[6] vs ◎インド

◎ドイツ[7] vs ポーランド

◎日本[8] vs ウクライナ

※[ ]数字はシード順位、◎は開催国

------------------------

【ウクライナ上位選手紹介】

アレクサンドル・ドルゴポロフ(シングルス37位/ダブルス-位)
イリヤ・マーチェンコ(シングルス84位/ダブルス608位T)
セルゲイ・スタコウスキー(シングルス85位/ダブルス248位)
デニス・モルチャノフ(シングルス283位/ダブルス78位)

------------------------

【日本上位選手紹介】

錦織圭(日清食品:シングルス6位/ダブルス832位T)
西岡良仁(ヨネックス:シングルス93位/ダブルス413位)
杉田祐一(三菱電機:シングルス106位/ダブルス660位)
ダニエル太郎(エイブル:シングルス113位/ダブルス1223位T)
伊藤竜馬(北日本物産:シングルス118位/ダブルス681位)
添田豪(GODAIテニスカレッジ:シングルス128位/ダブルス512位)
内山靖崇(北日本物産:シングルス305位/ダブルス292位)

※ランキングは7月17日付

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo: BIRMINGHAM, ENGLAND - MARCH 04: (L-R) Japan Captain Minoru Ueda, Yoshihito Nishioka, Yasutaka Uchiyama, Taro Daniel and Kei Nishikori line up during the opening ceremony on day one of the Davis Cup World Group first round tie between Great Britain and Japan at Barclaycard Arena on March 4, 2016 in Birmingham, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7/19(火) 21:00

THE TENNIS DAILY