ここから本文です

19歳サンティラン晶、ATPツアー初勝利ならず<男子テニス>

tennis365.net 7月19日(火)20時14分配信

ゼネラリ・オープン

男子テニスツアーのゼネラリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)は19日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク295位のサンティラン晶(日本)は第8シードのJ・シュトルフ(ドイツ)に2-6, 2-6のストレートで敗れ、ATPツアー初勝利とはならなかった。

サンティラン 錦織に続く気質

この試合、2度のブレークを許して第1セットを落としたサンティランは、第2セットに入っても主導権を掴むことが出来ず、52分で敗れた。

現在19歳のサンティランは、オーストラリア人の父親と日本人の母親を持つハーフで、以前はオーストラリアに国籍を置いていたが現在は日本に変更。ジュニア時代には全豪オープン・ジュニアのシングルスでベスト4進出などの成績を残している。

今シーズンは5月の下部大会で2週連続優勝を含む4度の優勝と頭角を現しており、世界ランキングを現在は295位まで浮上している。

今大会がツアー大会本戦初出場だったが、初勝利をあげることは出来なかった。

勝利したシュトルフは、2回戦で世界ランク138位のD・ムニョス-デラナバ(スペイン)と対戦する。

また、今大会には日本勢からダニエル太郎(日本)が出場しており、1回戦で主催者推薦出場のJ・メルツァー(オーストリア)と対戦する。

35歳のメルツァーは左肩の故障で長期間ツアーから離れていたが、今年6月の下部大会で復帰。2010年の全仏オープンではベスト4へ進出しており、世界ランキングでは2011年の8位が自己最高。

今大会のシード勢は第1シードにD・ティエム(オーストリア)、第2シードにP・コールシュライバー(ドイツ)、第3シードにM・グラノジェルス(スペイン)、第4シードにP・ロレンジ(イタリア)となっており、上位4シードは1回戦免除で2回戦からの登場。

tennis365.net

最終更新:7月19日(火)20時14分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。