ここから本文です

ビューティフルなミランに変化を ミラン指揮官「醜いフットボールでは勝率は上がらない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月19日(火)17時44分配信

美しいスタイルで勝利目指す

ミランの指揮官に就任したヴィンチェンツォ・モンテッラが目指すのは、美しいフットボールだ。昨季のミランはシニシャ・ミハイロビッチの下で守備をベースとした戦いをしていたが、モンテッラはよりボールを保持した攻撃的な姿勢で戦うことを望んでいる。

伊『Sky Sport Italia』によると、モンテッラは勝利を収めるには試合をコントロールする必要があると語り、美しくないスタイルでは勝率は上がらないと持論を展開した。

「私は素晴らしいクラブに自分がいると信じている。子供の頃家にファン・バステンのポスターを貼っていたのを覚えているよ。我々は上手くやっている。トレーニングの入りには満足しているよ。選手たちも上手くいかなかった時期を終わらせようとハングリーだからね」

「試合に勝つにはゲームをコントロールしないといけない。それが勝利の可能性を高める方法なんだ。私は醜いフットボールでは勝率が上がらないと確信しているんだ」

近年のミランには連動性というものがなく、攻撃は個人能力頼みのようなところがあった。対してモンテッラはフィオレンティーナなどでポゼッションをベースとしたフットボールを展開しており、ミランでも試合を支配するスタイルを望んでいるようだ。

日本代表MF本田圭佑にとってはそちらのスタイルの方が合っているかもしれないが、モンテッラの下でミランは美しく勝つ集団になれるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月19日(火)17時44分

theWORLD(ザ・ワールド)