ここから本文です

バロテッリ、まだ中国は早すぎる! イタリア最高の司令塔が助言「世界最高のストライカーになれる」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/19(火) 18:40配信

25歳とまだ若いバロテッリ

かつてイタリア代表でマリオ・バロテッリとともにプレイした経験を持つアンドレア・ピルロは、現在のバロテッリの状況にフラストレーションを抱えているようだ。

バロテッリはリヴァプールで完全に定位置を失い、指揮官ユルゲン・クロップにも信頼されていない。リヴァプールは今夏にバロテッリを放出しようと動いており、バロテッリのキャリアはここ数年で大きく乱れてしまっている。

一部では中国行きの話題も浮上しているが、ピルロは欧州のトップクラブから離れることは避けてほしいと考えている。英『Daily Mirror』によると、ピルロはバロテッリが世界最高のストライカーになる素質を持っていると評価しており、25歳のバロテッリが中国など欧州を離れるのはまだ早いとコメントした。

「マリオは複数のビッグクラブでプレイしてきたから、彼がまだ25歳なのを簡単に忘れてしまう。マリオは次に向かうクラブを慎重に判断しないといけないよ。中国行きの話題は僕も見たけど、まだマリオはあそこに行くべきではない」

「マリオが次のクラブで2~3シーズン過ごしても、まだ28歳だ。欧州トップレベルのクラブに入ることができるよ。僕はこれまで多くの偉大なストライカーとプレイしてきたけど、マリオには世界最高のストライカーになれる素質があると言えるね」

確かにバロテッリはまだ25歳だが、ずいぶん前から欧州のビッグクラブで活躍しているイメージがある。近年は苦しんでいるが、年齢を考えるとまだまだやり直すことは可能だ。あとはバロテッリが気持ちを入れ替えられるかの問題だが、ピルロの期待通り世界を代表するストライカーへと成長してくれるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/19(火) 18:40

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]