ここから本文です

イカルディ妻がユヴェントスのTwitterをフォローし始める 妻「2019年以降の契約延長したくない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月19日(火)20時40分配信

インテルを引っ掻き回す夫人

数週間前までインテルでチャンピオンズリーグに出たいと語っていたFWマウロ・イカルディは、ここ数日の間にいつクラブを退団しても不思議はない存在となってしまった。その発端は妻で代理人のワンダ・ナラ夫人にあり、同夫人はここ数日インテルへの不満をぶちまけてきた。

夫人が不満に感じているのは金銭面で、インテル側がイカルディの年俸を上げない以上は退団も辞さない考えだ。

伊『Calciomercato』によると、夫人は今の状態ではインテルとの契約を延長したくないと主張。イカルディは2019年までクラブと契約を結んでいるが、金銭面の問題が解決されない限りはこれ以降の延長はしたくないと考えているようだ。

「私たちはマウロの契約を変えてほしいと思っているの。でも、待たなくてはいけないわ。1週間後には全てがクリアなものになるでしょう。現時点で私たちは2019年以降の契約延長はしたくない。ただ金銭面を変えてほしいの」

さらに同メディアによると、夫人は最近になってユヴェントスのTwitterをフォローし始めたという。同メディアはインテルを怒らせようとしているのか?と伝えており、夫人が蜂の巣を引っ掻き回すかのように動いていると最近の変化に驚いている。

イカルディには欧州の複数クラブが関心を示しているが、1週間後全てがクリアになった時には夫人が満足する答えは出ているのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月19日(火)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合