ここから本文です

ブンデスリーガ2部のクラブがドイツのレジェンド獲得に動く 「挑戦してみる価値はある」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月19日(火)21時0分配信

プロデビューを果たしたクラブ

ブンデスリーガ2部のカイザースラウテルンがレジェンドの獲得に動くかもしれない。

レジェンドとは昨季限りでラツィオを退団した元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼのことだ。惜しまれながらもイタリアを去ったドイツが誇るストライカーはいまだ次なるクラブが決まってない。そんな同選手に対してカイザースラウテルンのトーマス・グリーズCEOは独『SWR』でコメントしている。

「彼の獲得はクラブにとって賭けのようなものだ。ただ挑戦してみる価値はあるだろう。クローゼが2部でプレイしたいのかということが疑問ではあるけどね」

クローゼがプロデビューを果たしたクラブでもあるカイザースラウテルン。そんな恩を感じて、レジェンドが2部にやってくることはあるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月19日(火)21時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。