ここから本文です

ダービー勝ちきれず連勝ストップの浦和 アウェイ鹿島戦はDF遠藤航、MF宇賀神、FW興梠が不在

theWORLD(ザ・ワールド) 7月19日(火)21時10分配信

宇賀神が出場停止に

Jリーグは19日、J1リーグ2ndステージ第5節、J2リーグ第24節の出場停止選手を発表。J1リーグ2ndステージ第5節で鹿島アントラーズと対戦する浦和レッズは、DF宇賀神友弥が累積警告により出場停止処分となった。

今季も浦和の左サイドに欠かせない存在として君臨する宇賀神だが、1stステージの鹿島戦では自身のミスから鹿島に先制点を許し、試合も敗北。2ndステージではカシマスタジアムでの“リベンジ”が期待されていたが、2ndステージ第4節大宮アルディージャとのダービーマッチでステージ3回目の警告を受け、次節の鹿島戦には出場することができない。

また浦和は、リオデジャネイロでオリンピックを戦うDF遠藤航とFW興梠慎三も大宮戦を最後にチームを離脱。対戦相手の鹿島もGK櫛引政敏とDF植田直通が代表チームに合流となるが、櫛引は鹿島でレギュラーポジションを掴めておらず、植田も2ndステージ4試合のうち2試合の出場に留まっており、代わりに出場したDFファン・ソッコやDFブエノが印象的なパフォーマンスを披露している。

鹿島戦に強い興梠を含む3人の主力選手が欠場となる浦和だが、鹿島戦では1stステージのリベンジを果たすことができるだろうか。それとも1stステージ覇者の鹿島が、浦和を相手にカシマスタジアムで2010年以来となる勝利を掴むだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月19日(火)21時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。