ここから本文です

お試し居住で魅力実感して 三浦市が参加者募集

カナロコ by 神奈川新聞 7月19日(火)12時3分配信

 人口減少が続く三浦市での定住につなげようと、同市が市内でのトライアルステイ(お試し居住)の参加者を募集している。東洋大大学院、R不動産(東京都渋谷区)と連携して昨年度から実施している事業。市内の物件での短期滞在を通じて、三浦の魅力を実感してもらう。

 物件は一戸建てやマンションなど7軒を予定。実施は9月17日~10月16日、10月22日~11月6日、11月12~27日の3期間。第1期は13日以上、第2、3期は7日以上滞在する。

 昨年度には県内外の76組から応募があり、21組が参加して5日~約2週間居住。1組は市内で週末を過ごす「2拠点居住」につながったという。参加者から「もっと長く住みたい」という声があったことから、今回は居住期間を最大約1カ月に延ばした。

 退去時に返金する参加保証料2万円や火災保険料1万5千円などが必要。同社のホームページ上で31日までに申し込む。問い合わせは、市市長室電話046(882)1111。

最終更新:7月19日(火)12時3分

カナロコ by 神奈川新聞