ここから本文です

古谷徹が声優活動50年 日本全国で催し

カナロコ by 神奈川新聞 7月19日(火)15時44分配信

 アニメ「機動戦士ガンダム」の主人公、アムロ・レイや、「巨人の星」の星飛雄馬などの声を務めた横浜市出身の声優、古谷徹(62)が、デビュー50周年を記念したイベント「古谷が“通る”47都道府県」を全国で行う。企画は「50年支えてくれたファンに感謝の気持ちを直接伝えたい!」と古谷本人が提案した。古谷は「50年は『アッ』という間でした。数々のヒーローを演じることができて、大変幸せに思っています。彼らは僕の生きた証しです」と振り返っている。

 節目を記念したミニアルバム「古谷徹 50th ​​Anniversary 『Thanks ~感謝~』/古谷徹」では、「めぐりあい」(「機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編」より)、「聖闘士神話(ソルジャードリーム)」(聖闘士星矢)など、古谷が声優を務めた代表作の主題歌などをカバーしているほか、プライベート写真などを収めたファンブックを9月23日に発売する。日本各地をめぐるイベントでは、サイン会なども行う。

▼古谷徹50th記念 公式サイト http://avex.jp/furuyatoru50th/ 
▼古谷徹公式Twitter@torushome 
▼古谷徹50thTwitter@torufuruya50th

最終更新:7月19日(火)15時44分

カナロコ by 神奈川新聞