ここから本文です

イタリアGPの開催地決まらず。イモラが契約も連盟はモンツァ推し

オートスポーツweb 7月19日(火)15時26分配信

 イモラがバーニー・エクレストンとF1開催契約を結んだことが明らかになった。しかしイタリアの自動車連盟はモンツァでの開催を推し進めている。

2015年イタリアGP(モンツァ)表彰台

 モンツァが現在有するF1開催契約は2016年までだが、2017年以降についての契約延長の交渉が難航している。F1商業面のボス、エクレストンは代替地としてイモラとも交渉を行ってきた結果、イモラは契約書にサインしたと、英AUTOSPORTに対して明言した。

 一方でイタリア自動車連盟ACIのアンジェロ・スティッキ・ダミアーニ会長は、モンツァが抱えていた問題は解消したとして、近いうちにフォーミュラワン・マネジメントと合意に達すると発言。エクレストンも、ACIの承認がなければイモラでF1を開催することはできないと認めた。

 スティッキ・ダミアーニ会長は、「地方政府、つまり(ロンバルディア)地方、ミラノおよびモンツァ市、パーク・オーソリティーと共についに問題をすべて解決した」とGazzetta dello Sportに対して語った。

「ACIミラノと(ACIを通してモンツァを所有する)SIASの間で合意がなされたので、FOMに対して拘束力のあるオファーを行うべく準備を進めている」

「現時点ではこれ以上の政治的問題は存在しない」

 ロンバルディア地方の副知事、ファブリツィオ・サラは、開催契約のため、年間500万ユーロの支援を行う予定であるという。

「ACI会長が、もはや政治的問題は存在せず、拘束力のあるオファーをFOMに提示すると明言したことは喜ばしい」とサラ。

「近いうちに結論にたどり着きたい。イタリアGPはモンツァで行われる。同GPは我々の伝統の一部なのだ。それを手放すわけにはいかない」


 エクレストンは、イモラは契約にサインしたものの、スティッキ・ダミアーニ会長がモンツァを支持するのであれば、開催地を変更する可能性は低いと述べた。

「(イモラと)合意に達し、準備は整っている」とエクレストン。

「だが『我々の思いどおりに事を運ぶか、全くなしかのどちらかだ』と言う人物がいる。人々がそう言っているのであれば、答えは分かりきっている」

「彼は正しいと思う行動を取るだろう。イタリアでレースが行われなくても、それは私のせいではない」

「彼は契約書を持っている。必要なのはサインだけだ。以前言ったように、彼がペンを取ってサインしなければならない」


 エクレストンによると、イモラでグランプリを開催する場合、イタリアGPではなくサンマリノGPの名称を使用するとしてもスティッキ・ダミアーニ会長のサインが必要だという。

「彼ら(イモラ)は契約にサインしたが、私の方の手続きを終えることはできない。ACIがサインしたがらないからだ」

「イモラとモンツァ、どこでレースをすることになろうと、彼(スティッキ・ダミアーニ会長)の許可が必要なのだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月19日(火)15時31分

オートスポーツweb