ここから本文です

『サイボーグ009』、全3部作で映画化決定! 完全新作のフル3DCGアニメで復活

クランクイン! 7月19日(火)9時0分配信

 『サイボーグ009』映像化50周年を記念して、『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』が全3部作のフル3DCGアニメーション映画として公開することが決定した。このたび、キービジュアルと予告映像も併せて解禁され、総監督を『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズで知られる神山健治、監督を『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』の柿本広大がメガホンをとることも発表された。

【関連】『009 RE:CYBORG』009:島村ジョーを演じた「宮野真守」フォトギャラリー


 『サイボーグ009』は、天才マンガ家・石ノ森章太郎が生み出した9人のヒーローたちの活躍を描く。人類の未来に大いなる脅威が迫った時、人知れず平和のために闘い続けてきた9人のサイボーグ達が立ち上がる…。
 
 今回、完全オリジナルストーリーのフル3DCGアニメーションして描く『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』。総監督の神山、監督の柿本のほか、キャラクターデザインを『楽園追放 ‐Expelled from Paradise‐』の齋藤将嗣が務めることが明らかとなった。
 
 柿本監督は、本作について「ビジュアルを一新したゼロゼロナンバーサイボーグ達が、新たな敵と出会い、新たな物語を紡いでいくことになります」と、同作が“完全新作”であることをアピール。加えて「彼らがこれまでの作品で歩んできた道のりにつながり、またこれから先に続いていく道のりの一部になれるよう、全力で完成に向けて頑張りたいと思います」とコメントを寄せた。
 
 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』全3章は、11月25日より順次2週間限定公開。第1章は11月25日より、第2章は12月2日より、第3章は12月9日より公開。

最終更新:7月19日(火)9時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。