ここから本文です

アントン・イェルチン主演『グリーンルーム』公開決定! P・スチュワートが極悪な男に

クランクイン! 7/19(火) 22:35配信

 今年6月に27歳の若さで死去した俳優、アントン・イェルチン主演映画『グリーンルーム』の公開が決定した。本作は、孤独なホームレスの静かなる復讐劇『ブルー・リベンジ』(13)で大きな注目を集めた新進気鋭の映画作家ジェレミー・ソルニエ待望の最新作となる。

【関連】アントン・イェルチン追悼企画:『スター・トレック』『ターミネーター4』…出演作品フォト特集


 『グリーンルーム』は、『スター・トレック』シリーズの航海士チェコフ役で知られ、今年6月に、不慮の事故で享年27歳で亡くなったアントン・イェルチンの主演最新作。トロント映画祭やオースティン・ファンタスティック映画祭ほか各ファンタ系映画祭で大絶賛の嵐を巻き起こし、全米公開時にもスマッシュヒットを記録したバイオレンススリラー。

 アントンが演じるのは売れないパンク・バンドのボーカル、パット。ワゴン車のガソリン代にも事欠く極貧ツアー末に、ようやく出演することができたライブ会場はなんと極悪非道なネオナチの根城。運悪く殺人現場を目撃してしまったパットとバンドメンバー達は、全員命を狙われるはめに…。圧倒的に不利な状況の中、グリーンルーム(英語で“楽屋”の意味)に閉じこもったメンバー達は知恵と反骨精神を武器にネオナチ軍団に立ち向かう。

 アントンほか、共演に『マイ・ファニー・レディ』で魅力的で天然なコールガール、イジーを演じて注目を集めるイモージェン・プーツ。さらに『新スター・トレック』のピカード艦長や『X‐MEN』のプロフェッサーXなど正義のイメージが強い名優パトリック・スチュワートが極悪なネオナチ・リーダーを演じる。
 
 映画『グリーンルーム』は2017年2月、新宿シネマカリテほかにて全国順次ロードショー。なお「したまちコメディ映画祭in台東」にて開催される【「映画秘宝」presets 映画秘宝まつり】にてジャパンプレミア上映が決定している。

最終更新:7/19(火) 22:35

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]