ここから本文です

【高校野球】愛媛県に出現した超新星

ベースボールキング 7月19日(火)7時30分配信

愛媛に現れた新星

 7月13日に幕を開けた愛媛県の夏。28日の決勝進出へ向けて、毎日死闘が繰り広げられている。

 毎年ハイレベルな戦いを見せる愛媛県。過去5年間の甲子園出場校は以下の通りだ。

2011年 今治西
2012年 今治西
2013年 済美
2014年 小松
2015年 今治西
                     
 このように、今治西が5年間で3度制覇。2015年・秋の県大会も今治西が優勝し、センバツにも出場している。ただし、今春の県大会では地区大会で敗退しており、絶対的な実力はない。

 古豪と新鋭校が入り乱れる激戦区を勝ち抜くのはどこか……。そんな愛媛に、突如として新星が現れた。松山聖陵のアドゥワ誠投手である。

第1シードを撃破!松山聖陵の快進撃はどこまでつづく...?

 1970年創部の松山聖陵。甲子園出場経験はなく、最高成績は平成14年夏の県大会準優勝。それでも、今春の県大会では準優勝に輝くなど、一気に評判を高めている。

 そんな“ダークホース候補”のエースがアドゥワ。ナイジェリア人の父を持つMAX145キロ右腕であるが、練習試合では151キロを投げたというスカウトもいる。何よりも、196センチの長身から投げ下ろす直球には角度があり、どの打者も初見では驚きを隠せない。

 今春の四国大会では、1回戦の高知高戦に先発。12球団のスカウトが見守る中、初回に制球を乱して4失点。その後は立ち直って完全に抑えたものの、3-4で敗れた。

 それでも、春の公式戦では計5試合に完投。40回を8失点(自責は7)と抑え、防御率1.58と安定した投球を披露。そしてこの夏、18日に行われた2回戦では、第1シードの川之江を相手に3安打1失点で完投。3回戦進出の立役者となった。

 ある在京スカウトは「指にかかったストレートは、球筋がいい。リーチも長いし、球持ちがいいから打者は打ちづらい。化けたら、すごいピッチャーになる」と高評価。さらにあるスカウトは、「もしかしたら大谷以上。潜在能力は計り知れない」とも絶賛する。

 第1シードを破るなど、勢いを増すダークホース・松山聖陵。進撃のアドゥワ誠から目が離せない。

BASEBALL KING

最終更新:7月19日(火)7時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]