ここから本文です

ヤクルトで輝く“猛牛魂” 近藤一樹はツバメ軍団を浮上させる力となるか

ベースボールキング 7/19(火) 13:30配信

近藤一樹をトレードで獲得

 昨シーズンの歓喜から一転、今年は最下位と5位を行ったり来たりという戦いが続くヤクルト。打撃陣は個人六冠の勢いで打ちまくる山田哲人を筆頭に、チーム打率はリーグ2位の.267とよく打っているものの、とにかく投手陣が苦しい。

 チーム防御率4.88は12球団ワースト...。苦しい状況を打開すべく、球団はトレードに打って出る。

 7月17日、ヤクルトとオリックスはトレードの成立を発表。ヤクルトは左腕の八木亮祐を放出し、その見返りとしてオリックスの近藤一樹を獲得した。

かつての甲子園優勝投手

 近藤といえば、日大三高で2001年・夏の甲子園を制覇。その年のドラフトでは近鉄から7位で指名を受け、“甲子園優勝投手”の看板を引っさげてプロの世界へと飛び込んだ。

 6年目の2008年にはじめて規定投球回に到達すると、10勝(7敗)をマークしてブレイク。翌年も12敗を喫したものの9勝をマークするなど、ローテーションに定着するかと思われたが、以降は肘の故障に悩まされるシーズンが続き、一軍登板が激減。2014年オフには戦力外通告を受け、育成選手として再契約を結ぶことになる。

 それでも2015年、チームにケガ人が続出したことで支配下登録を勝ち取ると、5月1日の楽天戦で4年ぶり・日数にして1411日ぶりとなる復活勝利を記録。今季もローテの谷間を埋めるピースとして5試合に登板して2勝2敗も、防御率は8.24。特に最後の2試合の内容が悪く、6月11日を最後に一軍のマウンドから遠ざかっていた。

ヤクルトで復活した坂口と大引

 近藤は「突然のことで驚いています」と球団を通じてコメントを発表。「悔いが残るとしたら、チームに貢献できたことが少なかったということです。そういう自分に、改めてチャンスをくれた両球団に恩返しをするためにも、これからも精一杯がんばります」と新たな決意を語った。

 偶然か必然か、新天地となるヤクルトには顔なじみの仲間がいる。坂口智隆と大引啓次である。

 大引はもともとオリックスでプロのキャリアを始めた選手。トレードで2013年から日本ハムへと移った後、2014年のオフにFA宣言。日本ハムからヤクルトへと移籍した。

 そこに今季から加わったのが坂口。昨シーズン限りでオリックスを自由契約となった後、ヤクルトから誘いを受けて入団した。

 オリックス時代にもコンビを組んでいた坂口・大引という並びが、ヤクルトで復活――。すると、2人も復活の気配を見せはじめる。

 坂口は開幕から打率3割をキープ。現在は少し落としたものの.2916でリーグ13位タイという成績をマークしている。大引も故障で離脱した影響から規定打席には到達していないが、ここまで.292とキャリア最高ペースの数字だ。

 特に投手事情の苦しいヤクルトだけに、つけ入るスキは多い。健康でさえいれば、近藤に与えられるチャンスもこれまで以上に多くなるだろう。坂口、大引と同じ“猛牛魂”を持つ右腕にも、この2人の良い例につづくような活躍に期待がかかる。

残された“いてまえ戦士”としても...

 実は、オリックス・バファローズというチームの中で“近鉄”の在籍歴を持つのは、この近藤が最後であった。

 今では数少なくなった“いてまえ戦士”たち...。現役として残っている選手は以下の通り。

【近鉄を知る選手たち】
牧田明久(楽天)
坂口智隆(ヤクルト)
近藤一樹(ヤクルト)
香月良太(巨人)
坂 克彦(阪神)
岩隈久志(マリナーズ)

 「近鉄」の経歴を背負い、1年でも長くプレーを...。近藤や坂口をはじめ、この6選手には特別な期待もかかる。

 様々な思いを背に、新天地での復活を期す近藤一樹の戦いに注目だ。

BASEBALL KING

最終更新:7/19(火) 13:30

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。